いぼ悩みは治療でスッキリ!少ない施術回数で除去できる

大きくなる前に除去したい

女性

施術後はしっかり覆って

若い頃にツルツルだった肌も、老化によってシミやシワが出てくるのは致し方ないことと言えます。ですが、美容医療でレーザー治療などを行えば、症状を消したり軽減させたりすることが可能です。シミの治療は主に美容クリニックで行われていますが、シミではなく老人性いぼだと言われる人も珍しくありません。また、少し種類の違う扁平疣贅といういぼや、汗管腫のこともあります。老人性いぼは脂漏性角化症や老人性疣贅というのが正式名称で、まれに若年層でも出ます。シミと似ているのは当然で、月日と共に色素が盛り上がってきて、その結果脂漏性角化症に変化するのです。順調にターンオーバーを繰り返して色素が排出されて、きれいな皮膚が再生するのが理想ですが、中々そうはいきません。もっと盛り上がって色が濃くなり、存在感を増すこともあります。一般的に脂漏性角化症は年々大きくなると言われているため、早めに取ることが望ましいです。美容クリニックで使用するレーザーは一度の治療で、しかも短時間で取れるとあって、忙しい人にも好評です。近頃出回ってきた最新のレーザーはエルビウムヤグレーザーという機器で、従来の炭酸ガスレーザーよりもさらに瘢痕が残りにくいという特徴を持ちます。美容クリニックでのいぼ治療は自由診療ですから、保険診療のようにお財布に優しい料金では利用できません。どの美容クリニックでも初診料は3,000円ほどとなっていますが、いぼ治療費の設定は差が出ていることがあります。シミ治療のようにレーザーのショット数で料金が変わったり通院を繰り返したりすることはないものの、始めにいくらかかるかはしっかりと確認しておきたいところです。炭酸ガスレーザーはほとんどの美容クリニックで導入されている一方で、新しいエルビウムヤグレーザーを導入しているところはまだそれほど多くありません。瘢痕をできるだけ残したくないと考えるならば、エルビウムヤグレーザーを取り扱う美容クリニックを探すといいでしょう。ただ、炭酸ガスレーザーの方が導入されて長い年数が経っているので、一般的にエルビウムヤグレーザーよりも治療費が安くなります。どちらのレーザーも瘢痕を残しにくいとされていますが、施術後の処置を怠ると色素沈着が残る可能性が高くなるので注意が必要です。処方されるテープ類をしっかりと貼って過ごしてください。傷をきれいに治すには湿潤療法が最良で、レーザー治療後にも有効です。出されたテープが創傷被覆材じゃない場合は、ラップを貼ってからテープ類で止めるといいでしょう。

Copyright© 2018 いぼ悩みは治療でスッキリ!少ない施術回数で除去できる All Rights Reserved.