いぼ悩みは治療でスッキリ!少ない施術回数で除去できる

コンプレックスをなくそう

女性

美容皮膚科なら

美容クリニックでいぼ治療を受けることには、いくつかのメリットがあります。診察をしてから、いぼの状態や症状の進行具合に合わせた治療を医師が進めていきます。また、このいぼの治療法は様々なものがあります。液体窒素凍結法は、液体窒素をふくませた綿球をいぼに当てて、凍結と融解を何度か繰り返す方法です。これは多くの場面で使われる一般的な方法と言えます。炭酸ガスレーザー蒸散法は、顔面に多発する小さなものなどに対してよい適応だと言えます。水分に吸収される特徴を持つ炭酸レーザーによる除去がこれに対して適しています。顔面は創傷治癒が良好で跡が残りにくいこと、そして液体窒素に比べて小さな範囲に限られた治療ができることなどがその理由です。また、局所麻酔をして行う方法として、固くなってしまったらやむを得ずハサミやニッパーで切除するものもあります。その他にもいろいろな方法がありますが、やはり美容クリニックで治療を受ける大きなメリットは、これらの治療法を総合的に判断できることと、悪性・良性のどちらなのかを診断できること、さらに事前カウンセリングによって自分の想像している顔と、施術後の顔のイメージをはっきりと想像できることなどが挙げられます。いぼの種類については、様々なものがあります。ウィルス性のものは、HPVというウィルスに感染して生じるもので、ウィルスのサブタイプや感染部位、いぼの出る位置によって異なる名称で呼ばれることもありますが、基本的には同じものと考えてよいでしょう。小児の手足によくみられます。特に治りにくいのが足の裏の角質が熱くなるためにタコやウオノメと勘違いしてしまうことがあります。表面の角質を削ると点状出血が見られることが鑑別の目安になります。青年性扁平疣贅は、HPVウィルスの仲間、HPV-3、HPV-10によるウィルス性のいぼの一種で、若年者の顔によく見られます。わずかに隆起した数?の平らな丘疹が多発、ときに融合し、ときにはかきむしってしまって線状にできることもあります。自覚症状はほとんどありませんが、自然消失する際にかゆみや赤くなるなどの炎症症状が生じることもあります。伝染性軟属腫ウィルスによるものもあります。いわゆる水いぼです。治療はピンセットで除去するのが基本であり、痛みを軽くするために治療の一時間ほど前から麻酔テープを貼って治療を行います。毎日スキンケアをし、コントロールしながら治療を続けるのが重要となります。どのいぼにも、違っていながらも有効な治療法があります。

Copyright© 2018 いぼ悩みは治療でスッキリ!少ない施術回数で除去できる All Rights Reserved.